ミクロヒストリーから照射する越境・葛藤と共生の動態に関する比較研究

代表

王 柳蘭(同志社大学グローバル地域文化学部・准教授)

共同研究員

飯田 玲子(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・特任助教)、王 柳蘭(同志社大学グローバル地域文化学部・准教授)、加藤 裕美(京都大学東南アジア地域研究研究所・特定助教)、紺屋 あかり(お茶の水女子大学お茶の水女子大学全学教育システム改革推進本部・特任講師)、下條 尚志(京都大学東南アジア地域研究研究所・機関研究員)、瀬戸徐 映里奈(京都大学大学農学研究科・博士課程)、飛内 悠子(大阪大学人間科学研究科・研究員)、中山 大将(京都大学東南アジア地域研究研究所・助教)、縄田 浩志(秋田大学大学院国際資源学研究科・教授)、林 英一(大阪経済法科大学・助教)、藤本 透子(国立民族学博物館民族文化研究部・准教授)、村橋 勲(京都大学アジア・アフリカ研究研究科・日本学術振興会特別研究員PD)、山田 孝子(金沢星稜大学人文学部・教授)

期間

平成29年4月~平成31年3月

目的

移民・難民は国家制度が画する地理的空間を越えて移動するため、その現象はしばしば国家からみれば脅威、統制の対象であり、負のイメージが与えられてきた。他方、移民・難民の立場にたてば、越境行為には多様な社会的意味が付与された能動的行為でもある。本研究は、越境をめぐる分断・共生に着目し、包摂と排除の論理にもとづいて、移民をめぐる自他関係の相互作用の在り方を論じつつ、移民のミクロな実践の中に見出される自らの表象の在り方と戦略、社会的結合の諸相、民族関係の動態、宗教実践などを通して、地域の多民族化、多民族化した地域の再生に与える諸局面を地域別、民族や宗教の軸を通してみていく。とりわけ、ミクロなヒストリーと地域史の動態のなかで、マクロな潮流のなかで「小さくされた人びと」の声に寄り添った地域動態を明らかにする。同時に、多民族状況下において、移民・難民が地域に与えるインパクトを社会的側面のみならず生態環境等も考察にいれ、移民・難民のもつ地域との相互作用、回復力、レジリアンスという積極的な側面にも光を当てていく。

 

あわせて読みたい