東南アジアの脱植民地化におけるイスラムと政治

代表

坪井 祐司(名桜大学国際学群・上級准教授)

共同研究員

坪井 祐司(名桜大学国際学群・上級准教授)、野中 葉(慶應義塾大学総合政策学部・専任講師)、山口 元樹(東洋文庫・研究員)、山本 博之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)

期間

2019年4月~2020年3月

目的

東南アジアにおけるイスラムと国家および政治との関係に着目し、戦後の脱植民地化の過程を再検討する。イスラムと国家の関係性は、現在世界中で大きな研究関心を集めている。西洋近代的な国家制度とイスラムは、ときに対立し、ときに相互に影響しあいながら、各地の政治の場でせめぎ合ってきた。インドネシア、マレーシアといったイスラム教徒が人口の多数を占める東南アジア諸国も例外ではない。本研究課題では、第二次大戦後から1970年代にかけての時期を東南アジアにおける脱植民地化/国民国家建設期ととらえ、新たな国家建設に際して、イスラムにもとづく国家や政治を志向する勢力がどのような思想や運動を行ったかを分析する。国境を越えたマレー・インドネシア語の言論活動やそれを担う人的ネットワークに着目し、マレーシア・インドネシアそれぞれを専門とする研究者の共同研究により、各地の状況の連動性を明らかにする。この作業を通じて、国家単位ではない東南アジアのムスリムの政治・社会史として描きなおす。

研究実績状況

[2019年度]

研究成果の概要

[2019年度]

公表実績

[2019年度]

研究成果公表計画, 今後の展開等

[2019年度]
 

 

あわせて読みたい