社会主義を経たイスラーム地域のジェンダー・家族・モダニティ―中東イスラーム地域研究との架橋をめざして

代表

帯谷知可(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)

共同研究員

帯谷 知可(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、磯貝 真澄(京都外国語大学外国語学部・非常勤講師)、菊田 遙(北海道大学・スラブ・ユーラシア研究センター・助教)、宗野 ふもと(北海道大学・スラブ・ユーラシア研究センター・非常勤研究員)、藤本 透子(国立民族学博物館民族文化研究部・准教授)、嶺崎 寛子(愛知教育大学教育学部・准教授)、村上 薫(アジア経済研究所地域研究センター・中東研究グループ・研究員)、和﨑 聖日(中部大学全学共通教育部・講師)、李 眞恵(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・博士課程)

期間

平成29年4月~平成31年3月

目的

社会主義的近代化のプロセスを経た旧ソ連イスラーム地域(中央アジア、コーカサス、沿ヴォルガ地域など)では、一見、社会主義的男女平等と女性解放が進展し、世俗主義と脱イスラーム化が徹底されたようでありながら、ジェンダーや家族といった領域では価値観や規範の根本的変革はきわめて難しく、皮相的に留まったことが先行研究ですでに明らかになっている。さらにソ連解体後のナショナリズムの高まりとイスラーム復興の多様な形での進行によって、伝統回帰と同時にイスラーム的文脈での新たな現象(例えば伝統的スタイルでない女性のヴェール着用の増加など)も生じている。そこで本研究では、こうしたポスト・ソ連世俗主義国家(その多くは権威主義国家である)でイスラーム復興が進展する状況下におけるジェンダー・家族規範の複雑な実態と変容を、その近現代の歴史的背景にも目配りしながら、読み解き明らかにすること、さらにそれを1990年代以降新たな視点により進展している中東ジェンダー研究の議論と接合し、ジェンダー・家族・モダニティの観点から、多元化・多極化する現代世界に旧ソ連イスラーム地域をどのように位置づけるべきかを検討することを目的とする。

 

あわせて読みたい