パフォーマンスによる文化の交錯-演劇教育を活用した地域研究の展開

代表

飯塚 宜子(京都大学東南アジア地域研究研究所 ・連携研究員)

共同研究員

飯塚 宜子(京都大学東南アジア地域研究研究所 ・連携研究員)、園田 浩司(京都大学アフリカ地域研究資料センター・特任研究員)、大石 高典(東京外国語大学大学院総合国際学研究院・准教授)、田中 文菜(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・大学院生)、山口 未花子(北海道大学文学研究院・准教授)、柳澤 雅之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、矢野原 佑史(京都大学アフリカ地域研究資料センター・特任研究員)

期間

2020年4月~2021年3月(1年間)

目的

 本研究では、パフォーマンスという表象形態が、いかに異なる文化を持つ人々を分断せずに交錯させ、地域を超えた相互行為や価値の創出を可能にし得るかを実証的に明らかにする。具体的には第一に、カナダ先住民クリンギットおよびアフリカ狩猟採集民バカ・ピグミーについて、これまで実施してきた「パフォーマンスによる表象」が、日本の学習者に何をもたらしたかを、会話分析により明らかにする。第二に、動画や双方向通信(ZOOM等)を使用して現地住民や現地関係者と、日本の実施者(研究者)が会する機会を設け、日本の教室でどのようなパフォーマンスや表象が為され、何がもたらされたかを共有する。表象の意図を現地関係者に明示しながら、彼らの受けとめ方や、彼らがより適切と考える表象や手法についてインタビューを行い、新たな表象を共創し、インタビューの分析を行い成果報告としてまとめる。最後に共創した表象によるプログラムデザインを、再び日本の市民や児童と共有する。このようなプロセスを通して、地域を超えた相互行為や価値の創出がいかに可能かを明らかにしていく。

研究実績状況

研究成果の概要

公表実績

研究成果公表計画, 今後の展開等

 

あわせて読みたい