日本民謡の地域情報学的分析―音の伝播と普遍性

代表

河瀬 彰宏(同志社大学 文化情報学部・助教)

共同研究員

宇津木 嵩行(フリーランス)、河瀬 彰宏(同志社大学 文化情報学部・助教)、工藤 彰(東京大学大学院教育学研究科・研究員)、福田 宏(成城大学法学部・准教授)、矢向 正人(九州大学大学院芸術工学研究院・教授)、柳澤 雅之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、吉野 巌(北海道教育大学教育学部札幌校・准教授)

期間

平成29年4月~平成31年3月

目的

本研究の目的は,日本の伝統音楽を対象にその地域的特徴――各地域の音楽を構成する要素とそれらの相互的関係――を定量化し,日本本土の民謡の特徴と比較することにより,「地域の知」の創生と再生を実践することである.具体的には,日本民謡を電子データ化することで情報学的分析基盤(音楽コーパス)となる日本民謡楽曲コーパスを構築し,これに計量的分析を実施することで,旋律的特徴(音組織)を抽出する.音組織とは,旋律に内在する法則であり,ある文化の音組織を捉えることは,その文化の音楽を形成する音の相互的関係,伝播,変容,普遍性の解明につながると考えられている(Temperlry 2001).申請者は,平成28年度「地域情報資源の共有化と相関型地域研究の推進拠点」の共同研究プロジェクトにおいて中国地方・九州地方における日本民謡の計量的分析を実施し,地域間に隠された特徴を明らかにした.本応募課題はこれを全国的規模に拡張し,日本列島全体における民謡の地域情報学的分析を実施するものである.

 

あわせて読みたい