伝承・文芸から考える災害・災厄対応−東南アジアにおける川の表象を中心として

代表

橋本 彩(東京造形大学・准教授)
 

共同研究員

岡田 知子(東京外国語大学大学院総合国際学研究院・准教授)、橋本 彩(東京造形大学造形学部・准教授)、平松 秀樹(京都大学東南アジア地域研究研究所・連携准教授)、山本 博之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、Phollurxa Khamphuy(ラオス国立大学文学部・准教授)、Pal Vannarirak(クメール作家協会・理事)、Boonkhachorn Trisilpa(チュラーロンコーン大学文学部・准教授)

期間

2019年4月~2020年3月

目的

社会が課題を抱えているとき、原因の所在が明らかでも、現実世界の国際関係や政治経済上の事情から対処が期待できないこともある。このような状況で、人々は比喩や虚構を通じて間接的に災いについて表現し、その災いおよびそれへの対応を社会で共通してきた。伝承、文芸は、直接語ることができない災いを別の形で語るメディアである。
川は、とりわけ東南アジアにおいて、生活や生産に欠かせない水を提供し、交通や輸送の手段となり、人々の生活に極めて重要である一方で、洪水・氾濫などの災いももたらす。川に起因する災いには、規模が大きく地元社会の手に負えないと見られるものもある。
 本研究では川およびそれに類することがらの表象の事例を収集し、それらの表象がどのような時代背景や社会背景のもとで生み出され、どのような含意を持つかを検討することを通じて、東南アジアの人々が社会の課題をどのように捉え、それが時代ごとにどのように変遷してきたかを明らかにする。

研究実績状況

[2019年度]

研究成果の概要

[2019年度]

公表実績

[2019年度]

研究成果公表計画, 今後の展開等

[2019年度]
 

 

あわせて読みたい