東南アジアの国民国家の形成過程における民族・宗教の対立

代表

坪井 祐司(東洋文庫・研究員)

共同研究員

金子 奈央(アジア経済研究所地域研究センター・リサーチアソシエイト)、亀田 尭宙(京都大学東南アジア地域研究研究所・助教)、篠崎 香織(北九州市立大学外国語学部・准教授)、坪井 祐司(東洋文庫・研究員)、野中 葉(慶應義塾大学総合政策学部・研究員)、モハメドシュクリ(Klasika Media・Director)、モハメドファリド(Institute of Islamic Understanding Malaysia・Senior Fellow)、光成 歩(宗教情報リサーチセンター・研究員)、山口 元樹(東洋文庫・研究員)、山本 博之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)

期間

平成29年4月~平成31年3月

目的

東南アジアのムスリムを事例として、民族・宗教をめぐる対立や紛争の危機に対する解決のあり方を示す。現在、世界的にムスリムと非ムスリムの関係性の悪化が懸念されるなか、東南アジアにおいては相対的に安定した状況が保たれている。ただし、状況は常に安定的だったわけではない。第二次世界大戦から1960年代にかけての時期は、民族、宗教、イデオロギーの対立が顕在化し、中央政府に対する地方の反乱や9.30事件による大規模な虐殺(インドネシア)、共産党の武装蜂起(マレーシア)といった社会的危機が生じた。ただし、その前後を含めたより長い時間軸で見れば、この地域では複数の民族、宗教が競合し、時に対立しながらも共存する歴史が展開されてきた。本研究課題では、紛争などの人為的な災いへの対応を通じて、東南アジアのムスリムがどのような運動を展開し、多民族社会のなかで他者といかなる関係を築いたかを分析する。危機の時代にあっても社会の安定を回復させる営為がなされてきた点に着目することで、東南アジア社会の持つ柔軟性を明らかにする。

 

あわせて読みたい