フィールドノートにおける場面特徴の表現手法の深化と利活用に関する研究

代表

山田 太造(東京大学史料編纂所・助教)

共同研究員

大向 一輝(国立情報学研究所コンテンツ科学研究系・准教授)、帯谷 知可(京都大学地域研究統合情報センター・准教授)、後藤 真(国立歴史民俗博物館・准教授)、柴山 守(京都大学国際交流推進機構・研究員)、清野 陽一(奈良文化財研究所都城発掘調査部・研究員)、関野 樹(総合地球環境学研究所 研究高度化支援センター・教授)、永崎 研宣(人文情報学研究所・主席研究員)、原 正一郎(京都大学地域研究統合情報センター・教授)、柳澤 雅之(京都大学地域研究統合情報センター・准教授)、山田 太造(東京大学史料編纂所・助教)

期間

平成28年4月~平成29年3月

目的

本研究では、フィールドノートを対象に、記述されている場面の特徴を、テキストマイニング手法を用いることで検出し、表現・解析するとともに、関連情報を提示する手法の確立することで、フィールドノートを軸とした「地域の知」の外在化を目指していく。特に以下の2点に着目する。

1. 場面特徴検出手法の深化:これまで,テキストから時空間語彙とともに用語抽出を行い、その用語をもとに場面のトピックを検出する手法を確立してきた。本研究では新たに、用語抽出において、用語をその状態を示す語とともに抽出していくことで、より場面の特徴付けを深化させていく。
2. 場面特徴の周辺化・細分化および関連データ提示手法の確立:これまで1)で検出した場面特徴を、セマンティックウェブ技術を用いることで多目的に利活用しやすいデータ表現方法を確立してきた。本研究では、場面特徴の周辺化・細分化、フィールドノート内もしくは他データから関連データを提示するなど、利用に応じた特徴提示手法に確立していく。

 

あわせて読みたい