秩序再編の地域連関

代表

村上 勇介(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)

共同研究員

帯谷 知可(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、Wil de Jong(京都大学東南アジア地域研究研究所・教授)、村上 勇介(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)

期間

平成28年4月~平成31年3月

目的

21世紀の10年代後半を迎える今日、ますますはっきりとしてきているのは、21世紀世界における秩序について確実な見通しを持つことが困難だということである。前世紀終わりの冷戦終結後、アメリカ合衆国の一極支配の下で進んだグローバル化により「フラット化」するかに見えた世界は、同国のつまづきや中国をはじめとする新興諸国の台頭、市場経済の拡大による格差の拡大、社会の不安定化と非民主主義的な政治の独自性を高めるローカルな動きなど、様々な「グローカル化」の共振によって、「フラット化しない世界」となっている。そうした状況のなかから新たに編み直される21世紀世界の秩序はどういうものであろうか。こうした問いに答えることは容易ではないが、本研究は、社会(個人、集団など)、国家、地域・世界のいずれのレベルでも進行している秩序再編の過程を統合的に研究することを縦糸に、世界の複数の地域を比較する地域間比較や地域間の連関を分析することを横糸にして、21世紀世界の秩序を考察する手掛かりを探求する。

 

あわせて読みたい