災いへの対応としての非正規滞在者:東南アジアを事例として

代表

篠崎 香織(北九州市立大学外国語学部・准教授)

共同研究員

篠崎 香織(北九州市立大学外国語学部・准教授)、西 芳実(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、細田 尚美(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・助教)、水野 敦子(九州大学大学院経済学研究院・准教授)、山本 博之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)

期間

平成29年4月~平成31年3月

目的

経済格差の拡大という災いから逃れるために越境する者や、紛争や災害などの災いから逃れるために越境する者の存在が顕著化している。前者は一時就労者として、後者は避難民としてとらえうる。避難民の一部は難民として認められることもある。東南アジアでは、一時就労者および避難民・難民の送出国と受入国が域内に存在してきた。外国人就労者の受入国では、就労者を国民に吸収せず外国人として社会に位置付ける法制度を、送出国との関係や時代的な背景に応じて柔軟に整備してきた。また東南アジア諸国の多くは難民条約を締結していないが、各国の判断で国内の法制度に基づき難民を認定し、正規の入国・滞在手続きの適用外とすることで正規滞在者として位置付けることもある。本研究は、災いが顕在化する存在として非正規滞在者をとらえるとともに、非正規滞在者に対する東南アジアの柔軟な対応に災いへのレジリエンスを高める試みを見出すことを目的とする。

 

あわせて読みたい