東南アジア大陸山地部における焼畑農業による積極的な人為的環境利用の歴史的変遷

代表

広田 勲(岐阜大学応用生物学部・助教)

共同研究員

広田 勲(岐阜大学応用生物科学部・助教)、柳澤 雅之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、Cahyo Wisnu Rubiyanto(岐阜大学連合農学研究科・博士後期課程)

期間

2019年4月~2020年3月

目的

これまで東南アジア大陸山地部で広く行われてきた焼畑農業を評価する際には、耕作地に加え多様な有用植物の採取や家畜飼育等の活動が行われる休閑地が注目され、休閑地の積極的かつ効率的な利用が最大の特徴であるとされてきた。しかし申請者がこれまで調査を行ってきたラオス北部の焼畑を記述した過去の文献には、100年ほど前は処女林に近い環境の中に二次的環境を作り出し生活していたものの、現在みられるような家畜飼育はごく稀であり、また植生の遷移段階に応じた林産物採取のような効率的利用がなされていたという記述は無い。このことから焼畑の重要な特徴とされる効率的な休閑地利用はこれまで考えられてきたよりも最近形成されたものであり、歴史的には周辺と関係を持ちながら柔軟にそのシステムを変化させてきた可能性が高い。本研究は、過去の探検隊の調査報告、記者や移住者による記録や、これまで発表されてきた論文、書籍等の文献調査を、農業、植生、植物資源とそれらの地域的関係性に着目しつつ行い、この地域の焼畑農業の歴史的変遷について明らかにすることを目的とする。

研究実績状況

[2019年度]

研究成果の概要

[2019年度]

公表実績

[2019年度]

研究成果公表計画, 今後の展開等

[2019年度]
 

 

あわせて読みたい