西洋音楽の地域情報学的分析―主題の通時性と共時性

代表

河瀬 彰宏(同志社大学 文化情報学部・助教)

共同研究員

尾城 奈緒子(同志社大学大学院文化情報学研究科・博士後期課程)、河瀬 彰宏(同志社大学文化情報学部・助教)、玉谷 充(同志社大学文化情報学部・助教)、福田 宏(成城大学法学部・准教授)、矢向 正人(九州大学大学院芸術工学研究院・教授)、柳澤 雅之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、吉野 巌(北海道教育大学教育学部札幌校・准教授)

期間

2019年4月~2020年3月

目的

本研究の目的は,400年以上に渡って蓄積されてきた西洋音楽の主旋律に対して地域情報学的分析を実施し,各地域・各時代における音楽的特徴を客観的に明らかにすることである.西洋音楽における主旋律(主題)とは,楽曲全体の表現性を端的に知覚させる基礎表現であり,楽曲の構成を俯瞰して提供する形式のことである.Reti(1978)の古典的研究によれば,音楽作品は外的な形式だけに基づかず,旋律動機の本質を主題へと発展させる内的操作によって成立し,その動機は楽曲全体の主題に係ることで楽曲を作り上げている.また,Meyer(1989)によれば,時
代や文化的背景が類似する作曲家の作品からは類似した印象を受けるという.近年では,Pateland Daniele(2003)によるイギリスとフランスの作曲家による主題の比較分析, VanHandeland Song(2010)によるフランスとドイツの作曲家による主題の比較分析などが実施されている.しかし,大規模なデータを用いて主題構造とその通時性・共時性を体系的に論じた研究は実施されていない.そこで,本研究課題では,“A Dictionary of Musical Themes”(Balow and Morgenstern 1975, 1983)に掲載された全作曲家の約10,000曲の主題をデータ化・計量分析する.その結果を,統計科学,情報学,心理学,音楽学,政治学,地域研究などの多分野にわたるメンバーが集う研究会を通して多角的に検証し,西洋音楽の各地域・各時代の特徴を明らかにしていく.

研究実績状況

[2019年度]

研究成果の概要

[2019年度]

公表実績

[2019年度]

研究成果公表計画, 今後の展開等

[2019年度]
 

 

あわせて読みたい