消滅の危機にあるチベット牧畜文化語彙に関するシソーラス辞書の作製

代表

山口 哲由(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・特定助教)

共同研究員

岩田 啓介(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・学振特別研究員)、南 太加(青海民族大学民社院・講師)、別所 祐介(駒沢大学総合教育研究部文化学部門・准教授)、星 泉(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・教授)、柳澤 雅之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、山口 哲由(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・特定助教)

期間

2019年4月~2020年3月

目的

チベットやモンゴルなどの中国西部の乾燥地では,衣食住を家畜に依存する生活スタイルである牧畜が伝統的に営まれてきた。しかし,近年は牧畜が環境荒廃の一因とみなされるようになり,牧畜民の都市移住や他の生業への転職を推奨する政策が進められ,牧畜活動は衰退している。
 伝統的な牧畜民は,大型の設備などを用いずに簡素な道具だけで家畜を飼養し,そこから得られる乳や肉,毛などの動物資源を利用することで安定した生存基盤を築いてきたとされる。それゆえに牧畜民は,地域の地形や天候などに関する知識,体色や角の形状に基づいて家畜を分類する手法,生乳を様々な乳製品へと加工する方法などを培ってきた。これらの知識も,上述したような牧畜の衰退に伴って急速に失われつつある。
 牧畜民が培ってきた知識は,地域における人と自然との関わりの歴史を反映した文化遺産であり,その表現型である牧畜文化語彙を記録することの重要性は極めた高い。それゆえに本研究の目的は,中国西部の青海省黄南チベット族自治州で現地調査をおこなって牧畜民が培ってきた牧畜文化語彙を収集し,それに基づいてシソーラス辞書を作成・公開することである。

研究実績状況

[2019年度]

研究成果の概要

[2019年度]

公表実績

[2019年度]

研究成果公表計画, 今後の展開等

[2019年度]
 

 

あわせて読みたい