中国の「一帯一路」構想と中央アジア諸国における国民感情の考察

代表

ダダバエフ ティムール(筑波大学人文社会系・教授)

共同研究員

帯谷 知可(京都大学 東南アジア地域研究研究所・准教授)、小松 久男(東京外国語大学大学院総合国際学研究院・特任教授)、塩谷 哲史(筑波大学人文社会系・助教)、宗野 ふもと(筑波大学人文社会系・特任研究員)、園田 茂人(東京大学 東洋文化研究所・教授)、ダダバエフ ティムール(筑波大学人文社会系・教授)

期間

2019年4月~2020年3月

目的

中央ユーラシア諸国の国際政治やアフガニスタンにおける米国の介入、そして欧州連合の中央アジア政策は、これまでも重要な研究課題とされてきた。その中で、この地域において最近話題になっている政治言説が中国の“新シルクロード”である。そのような中国の政治的な言説に基づく新シルクロード構築の政策が中央ユーラシア地域において進められている中で、本政策が中央ユーラシア地域諸国のnational identity(国民意識)やethnicity(民族性)そして宗教観にどのような影響を及ぼしているのか、その影響で一般世論として中国の経済的な影響力をどのようにみているのかという問いは、先行研究では扱われることが稀な課題として残されている。本研究はこうした研究上の問題点を克服し、①国際関係学、歴史学の観点から、中央ユーラシア諸国は中国のシルクロード構想およびソフトパワー構築の試みとどのように接してきたのか、その戦略はいかなるものだったのかを論じた上で、②文化人類学の手法を用いて、中央ユーラシア諸国と中国の世論が相互をどのように認識しているのかを明らかにし、③中国の新シルクロード構想を始めとする中央ユーラシア諸国へのアプローチが、中央ユーラシア諸国側の国民から見て自らの民族、宗教という価値観にどのような影響を及ぼしているのか、あるいはどのように受け止められているのかを総合的・学際的に分析する。

研究実績状況

[2019年度]

研究成果の概要

[2019年度]

公表実績

[2019年度]

研究成果公表計画, 今後の展開等

[2019年度]
 

 

あわせて読みたい