コミュニティ林業からみた東南アジアの政治経済変動と自然資源管理

代表

倉島 孝行(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・特任准教授)

共同研究員

倉島 孝行(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・特任准教授)、柳澤 雅之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、竹田 晋也(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・教授)、葉山 アツコ(久留米大学経済学部・教授)

期間

2020年4月~2021年3月(1年間)

目的

 コミュニティ林業(以下、CF)が熱帯林管理政策の準主役となって20年が過ぎた。本研究の目的はタイ、ミャンマー、カンボジア、ベトナム、フィリピンのCFの各現状と差違の背景を、各国の政治経済変動やCFをめぐる国際政策・援助動向との相互作用(不作用)に求め、解明することである。すなわち、農山村での換金作物栽培の拡大や社会資本の変容、官僚主義の存続といった遍在事柄を含みつつ、各国のCFを規定している後景マクロ構造をも意識的に読み取り、説明に接合することで各特徴を描こうとする。
準主役化後のCF関連の国際比較研究の典型は、国際的に加速した制度的な当為性と各国制度との乖離を指摘し、乖離を批判するものである。だが、この国際的な制度潮流を重視する研究は近年、東南アジア地域で広く進んだ民主化と脱民主化、市場経済化など、国家体制に関わる変動の影響を逆に見えづらくしている可能性がある。本研究では各国の自然資源管理を、各国の政治経済的な構造変化の文脈とも照らし合せ、比較・解明する。

研究実績状況

研究成果の概要

公表実績

研究成果公表計画, 今後の展開等

 

あわせて読みたい