東南アジアのムスリム社会における女性の社会的地位

代表

光成 歩(津田塾大学学芸学部・講師)

共同研究員

金子 奈央(長崎外国語大学外国語学部・特別任用講師)、篠崎 香織(北九州市立大学外国語学部・教授)、西 芳実(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、光成 歩(津田塾大学学芸学部・講師)

期間

2019年4月~2020年3月

目的

東南アジアの多宗教社会において、ムスリム女性の社会的地位をめぐるイスラムと近代的規範との相克と接合の過程を検討する。具体的には、第二次世界大戦後のムスリム女性の社会進出を受けてムスリム社会に起きた議論を、雑誌記事の通時的分析により明らかにする。家族法改革や男女賃金格差など、女性の地位に関する問題は議会でも扱われたが、男性中心の議会では女性が直面した問題について十分な議論がなされず、新聞や雑誌等の定期刊行物が議論の場として重要な役割を担った。当時の定期刊行物は短期間で廃刊となることが多く、通時的分析には不向きだが、マレー語月刊誌『カラム』は、1950年から1969年の20年間にわたり切れ目なく発行された点で他に類を見ない雑誌であり、移行・再編期のムスリム社会の動向を分析する上で高い資料性を有する。本研究は、読者の質問にイスラム知識人が回答する「千一問」欄(1950〜1968年)を取り上げ、一般のムスリムの視点で女性の社会的地位がどのように論じられていたのかを検討し、「千一問」の日本語全訳版と合わせて発表する。『カラム』の全記事はCSEASが所蔵・公開しており、本研究は、研究所所蔵資料を活用した研究である。

研究実績状況

[2019年度]

研究成果の概要

[2019年度]

公表実績

[2019年度]

研究成果公表計画, 今後の展開等

[2019年度]
 

 

あわせて読みたい