東南アジアの多宗教社会におけるムスリム女性の家族形成と宗教実践

代表

光成 歩(津田塾大学学芸学部・講師)

共同研究員

光成 歩(津田塾大学学芸学部・講師)、坪井 祐司(名桜大学国際学群・上級准教授)、久志本 裕子(上智大学総合グローバル学部・准教授)、金子 奈央(長崎外国語大学外国語学部・特別任用講師)、西 芳実(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、山本 博之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)

期間

2020年4月~2021年3月(1年間)

目的

 東南アジアの多宗教社会における近代化局面でムスリム社会が直面した課題について、ムスリム女性の家族形成と宗教実践に焦点をあてて検討する。具体的には、脱植民地化期の島嶼部東南アジアにおいて、ムスリム女性の社会的地位の変化がムスリム男女の社会生活全般に関わる問題として論じられた過程を、雑誌記事の通時的分析により明らかにする。ムスリム女性の社会的地位については議会資料による分析がなされてきたが、社会生活に即した多様な課題を捕捉するのは困難であり、この観点から、新聞や雑誌等の定期刊行物が重要な資料となりうる。ただし、当時の定期刊行物の多くは短期間で廃刊となり、通時的分析には不向きである。このなかで、1950年から1969年の20年間にわたり切れ目なく発行されたマレー語月刊誌『カラム』は他に類を見ない雑誌であり、脱植民地化期のムスリム社会の動向に関する高い資料性を有する。本研究は、読者が生活者の視点から質問を投稿した「千一問」欄(1950〜1969年)を取り上げ、女性の社会的地位の変化がムスリム社会に与えたインパクトを検討した上で、「千一問」の日本語全訳版と合わせて発表する。『カラム』の全記事はCSEASが所蔵・公開しており、本研究は、研究所所蔵資料を活用した研究である。

研究実績状況

研究成果の概要

公表実績

研究成果公表計画, 今後の展開等

 

あわせて読みたい