災いへの社会的対応

代表

西 芳実(京都大学地域研究統合情報センター・准教授)

共同研究員

金子 奈央(アジア経済研究所地域研究センター・リサーチアソシエイト)、亀田 尭宙(京都大学東南アジア地域研究研究所・助教)、篠崎 香織(北九州市立大学外国語学部・准教授)、坪井 祐司(東洋文庫・研究員)、西 芳実(京都大学地域研究統合情報センター・准教授)、野中 葉(慶應義塾大学総合政策学部・研究員)、光成 歩(宗教情報リサーチセンター・研究員)、山口 元樹(東洋文庫・研究員)、山本 博之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、細田 尚美(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・助教)、水野 敦子(九州大学大学院経済学研究院・准教授)

期間

平成28年4月~平成31年3月

目的

国境を越えた人の移動と各国内での都市化の進展により社会的流動性が高まっている今日の世界において、国別に制度化された災害対応では十分に対応できないリスクへの対応が求められているが、世界には地域的・伝統的なものを含めて災いへの対応の様々な経験の蓄積がある。地域差を越えて共有できる標準化された災害対応の仕組みづくりの重要性も念頭に置きながら、そこから零れ落ちる地域や時代によって異なる災害対応の実践の事例を収集し、その意義を検討することを通じて、現代世界にあらわれる多様な災いに社会が対応する際のレジリエンスを高めることを目的とする。

研究実績状況

[ 平成28年度 ]
① 京大東南地域研の地域情報学プロジェクトとの共同により、インドネシアの事例を中心とする「災害と社会 地域情報マッピングシステム」ならびにラテンアメリカの事例を中心とする社会紛争データベースとそれに基づく社会紛争マッピングシステムの開発を順次進めた。
② 京大東南地域研の「災害対応の地域研究」プロジェクトとの共同により、戦争・独立・政変・内戦などの急激な社会変動とそれにより生じた社会の亀裂を「災厄」と捉え、世界の諸地域における災厄からの復興過程を比較・検討した。復興の事例を比較し、両者を架橋する手法を検討した。
③ 災害対応研究のレビューを行い、人文社会系による災害対応研究の意義について、災害対応研究ならびに東南アジア研究のそれぞれにおける位置づけを検討した。
④ JSPS拠点形成事業「アジアの防災コミュニティ形成のための研究者・実務者・情報の統合型ネットワーク拠点」と連携して、インドネシア、フィリピン、マレーシア、日本の災害対応研究と実践を共有する国際セミナーを2回実施した。また、インドネシア、フィリピン、マレーシアの若手研究者を対象に日本の防災実践を伝えるフィールド研修を日本国内3か所(京都、大阪、熊本)で実施し、文化社会背景の異なる国で災害対応の実践を共有する方法を検討した。
⑤ 個別ユニット「東南アジアのムスリムをめぐる社会的亀裂とその対応」ならびに個別ユニット「災害対応の実践の場としてとらえる映像作品」の研究打ち合わせに参加し、複合ユニットのテーマに即した研究課題の絞り込みや研究成果の社会発信を支援した。

[ 平成29年度 ]
① 京大東南地域研の地域情報学プロジェクトとの共同により、インドネシアの事例を中心とする「災害と社会 地域情報マッピングシステム」の開発を順次進めた。
② 京大東南地域研の「災害対応の地域研究」プロジェクトとの共同により、東南アジア史研究における戦争・独立・革命・政変について災害対応研究の観点から再検討し、災いへの社会的対応を考える際のアプローチを検討した。
③ 京大東南地域研の「災害対応の地域研究」プロジェクトならびに文部科学省スーパーグローバルハイスクール事業との共同により、東南アジアの研究者と日本の高校生が国を越えて共通の課題について考える高大連携国際ワークショップを開催し、防災の国際協力を担う人材育成とネットワークづくりをはかった。また、インドネシア、フィリピン、マレーシアの若手研究者を対象に日本の防災実践を伝えるフィールド研修を日本国内3か所(京都、広島、東京)で実施し、文化社会背景の異なる国で災害対応の実践を共有する方法を検討した。
④ JSPS拠点形成事業「アジアの防災コミュニティ形成のための研究者・実務者・情報の統合型ネットワーク拠点」と連携して、インドネシア、フィリピン、マレーシア、日本の災害対応研究と実践を共有する国際セミナーを2回実施した。
⑤ 個別ユニット「災いへの対応としての非正規滞在者:東南アジアを事例として」ならびに個別ユニット「東南アジアの国民国家の形成過程における民族・宗教の対立」の研究打ち合わせに参加し、複合ユニットのテーマに即した研究課題の絞り込みや研究成果の社会発信を支援した。

研究成果の概要

[ 平成28年度 ]
① オンライン記事情報を自動収集・自動分類する個人向けメールアラート・システム「BeritaKU」(インドネシア(3紙)、マレーシア(4紙)、フィリピン(2紙)、ベトナム(2紙))に対し、〔1〕自動収集したオンライン記事の自動翻訳機能、〔2〕研究者が作成した辞書リストにもとづき自動翻訳機能を補正する機能を追加した。
② 上記の②について、日本、インドネシア、マレーシア、東ティモール、ペルー、ドイツ、ベラルーシの事例を紹介する書籍を商業出版した(出版〔2〕~〔10〕)。
③ 上記③について、東南アジア地域研究の入門書に「災害対応の地域研究」の章を執筆した(出版〔1〕)。また、東南アジア研究において戦争・独立・革命・政変などを災害対応の観点から再検討することの意義について口頭発表を行った(口頭発表〔1〕)。これらはいずれも人文社会系による災害対応研究が東南アジア研究の一領域として確立しつつあることを示している。
④ インドネシア、フィリピン、マレーシアとの国際セミナーならびにフィールド研修を通じて、(1) 複数地域間で紛争・災害からの復興の経験を共有するための枠組みとして、「災間期」(大規模災害が発生して一定期間が経過して災害に対する社会の関心が低下する時期)という考え方を得た(口頭発表〔2〕〔3〕)。2) 大学・学界が地震災害の防災に貢献するうえでは、人文社会系の学知と防災・減災研究の接合、文理融合型の研究体制が必須であることが確認された。

[ 平成29年度 ]
① オンライン記事情報を自動収集・自動分類する個人向けメールアラート・システム「BeritaKU」(インドネシア(3紙)、マレーシア(4紙)、フィリピン(2紙)、ベトナム(2紙))に対し、研究者が作成した辞書リストにもとづき自動翻訳機能を補正する機能を向上させた。また、同システムの利便性が評価され、京都大学東南アジア地域研究研究所内の別プロジェクト(泥炭地・アブラヤシ関連)からBeritaKUを活用したい旨、要請があり、同システムを利用してインドネシア・リアウ州の地方紙の自動収集が始められている。
② 上記②を踏まえて、放送大学教材『東南アジアの歴史』の現代史部分に相当する6章を文太執筆した。また、1998年政変後のインドネシアで社会的災厄の語り直しが主として映像メディアで行われていることに注目した論考をまとめた。(出版〔1〕~〔8〕)
③ 上記③を通じて、人文社会系による災害対応研究の重要性が参加者に認識されるとともに、文化・社会の成り立ちが異なる国が相互に災害対応の経験を参照するうえでは、個々の国・地域の文化・社会の成り立ちに関する基礎的な教養を共有する仕組みが必須であることを確認した。
④ インドネシア、フィリピン、マレーシアとの国際セミナーならびにフィールド研修を通じて、(1)複数地域間で紛争・災害からの復興の経験を共有するための枠組みとして、それぞれの社会が災いをどのように受容し克服すると捉えているかにかかわる「物語」に注目する方法の有効性が指摘された。(2) これを踏まえて、インドネシアで日本の災害観の変遷を紹介する公開セミナーを実施した。(公開セミナー〔1〕〔2〕、口頭発表〔1〕)

公表実績

[ 平成28年度 ]
【出版】
〔1〕 山本博之「災害対応の地域研究」井上真編著『東南アジア地域研究入門1 環境』、2017年2月、慶應義塾大学出版会、pp.313-331。
〔2〕 寺田匡宏編著『災厄からの立ち直り―高校生のための〈世界〉に耳を澄ませる方法』あいり出版、2016年9月。
※以下は前掲書所収
〔3〕 西芳実「弔いの中に生きる―2004年スマトラ島沖地震・津波被災地から」pp.16-51。
〔4〕 亀山恵理子「コーヒーがつくるつながり―東ティモールの紛争と社会の再生」pp.52-83。
〔5〕 村上勇介「パチャママの涙―ペルー・テロの記憶と人々の和解」pp.84-111。
〔6〕 山本博之「世界をめざすマレーシア―異質な他者と隣り合わせに暮らす」pp.112-145。
〔7〕 川喜田敦子「加害を想起し、被害を追悼する―ドイツにおけるナチの過去の記憶」pp.146-175。
〔8〕 越野剛「災厄によって災厄を思い出す―ベラルーシにおける戦災と原発事故の記憶」pp.176-211。
〔9〕 寺田匡宏「風景とともに立ち直る―災厄の後の場を歩く」pp.212-246。
〔10〕 清水チナツ「いまだやまぬ〈揺れ〉のなかで―東日本大震災とせんだいメディアテーク」pp.247-284。
【システム開発】
・BeritaKU(東南アジア現地語オンライン記事自動収集・分類・簡易翻訳・アラートシステム)
【公開セミナー】
・International Workshop “Toward Building Regional Platform for Disaster Risk Reduction in Asia”(2016年7月21-23日、京都大学稲盛財団記念館)
・International Conference-Workshop on Toward Building a Regional Platform for Disaster
Risk Reduction in Asia(2016年11月21-23日、アテネオデマニラ大学)
【口頭発表】
〔1〕 西芳実「「災害対応の地域研究」から考える東南アジア」、東南アジア学会50周年記念シンポジウム「「ものがたり」、そして「ともがたり」へ:変わりゆく東南アジアと東南アジア研究」、2016年12月4日、慶應義塾大学。
〔2〕 YAMAMOTO Hiroyuki, “The Social Context of Evacuation during Emergency Response: Case Study of the 2007 Sumatran Earthquake”, The Relevance of Area Studies for the Sciences and Public Policy, The University of Tokyo, November 14, 2016.
〔3〕 YAMAMOTO Hiroyuki, “Towards Building Regional Platform for Disaster Risk Reduction in Asia: Aceh in Inter-disaster period”. 10th Aceh International Workshop and Expo on Sustainable Development, Syiah Kuala University, November 22, 2016.

[ 平成29年度 ]
【出版】
〔1〕 古田元夫編著『東南アジアの歴史』放送大学教育振興会、2018年1月。
〔2〕 西芳実「離散・父権・魔物―インドネシア映画に見る災いの語り直し」『混成アジア映画2017』、京都大学東南アジア地域研究研究所CIRASセンター、2018年3月予定。
〔3〕 山本博之「7章 近代ナショナリズムの形成」(〔1〕所収)
〔4〕 山本博之「8章 独立の夢と現実」(〔1〕所収)
〔5〕 山本博之「11章 東南アジアの地域統合の模索」(〔1〕所収)
〔6〕 西芳実「12章 開発主義―国ごとに豊かさを求める時代」(〔1〕所収)
〔7〕 西芳実「13章 冷戦体制の崩壊とASEAN10の実現」(〔1〕所収)
〔8〕 西芳実「14章 経済発展と政治」(〔1〕所収)
【システム開発】
・BeritaKU(東南アジア現地語オンライン記事自動収集・分類・簡易翻訳・アラートシステム)
【公開セミナー企画・実施】
〔1〕 International Workshop “Toward Building Regional Platform for Disaster Risk Reduction in Asia”(2017年5月2-3日、マレーシア・イスラム理解研究所)
〔2〕 International Conference-Workshop on Toward Building a Regional Platform for Disaster Risk Reduction in Asia(2017年8月4-5日、京都大学稲盛財団記念館)
〔3〕 「日本と東南アジアに共通の課題を考える高大連携国際ワークショップ」(2017年8月5日、京都大学稲盛財団記念館)
【口頭発表】
・NISHI Yoshimi. “Tanggapan Masyarakat Jepang terhadap Bencana Alam.” (Special Seminar for Graduate School on Disaster Management, Syiah Kuala University). January 18, 2018. Syiah Kuala University.
※公開セミナー〔1〕〔2〕内での口頭発表については省略

研究成果公表計画, 今後の展開等

[ 平成28年度 ]
現代世界にあらわれる多様な災いに社会が対応する際のレジリエンスを高めることを念頭に置きながら、特に国別に制度化された災害対応では十分に対応できないリスクへの対応について検討するという本複合ユニットの趣旨に即した形で引き続き個別ユニットと連携しながら共同研究を進める。

[ 平成29年度 ]
現代世界にあらわれる多様な災いに社会が対応する際のレジリエンスを高めることを念頭に置きながら、特に国別に制度化された災害対応では十分に対応できないリスクへの対応について検討するという本複合ユニットの趣旨に即した形で引き続き個別ユニットと連携しながら共同研究を進める

 

あわせて読みたい