長期村落調査データを利用したベトナム農村研究手法の構築

代表

藤倉 哲郎(愛知県立大学外国語国際関係学科・准教授)

共同研究員

藤倉 哲郎(愛知県立大学外国語国際関係学科・准教授)、柳澤 雅之(京都大学東南アジア地域研究研究所 ・准教授)、小川 有子(東京理科大学理工学部・非常勤講師)、澁谷 由紀(東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門・特任研究員)、古橋 牧子(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・日本学術振興会特別研究員)

期間

2020年4月~2021年3月(1年間)

目的

 ベトナム紅河デルタにおける長期村落調査データベースの拡充と、現在進行中の農村調査研究へのフィードバックをおこない、中長期のデータ蓄積にもとづいた農村研究手法の構築をはかる。
2019年度の共同研究では、ベトナム紅河デルタに位置するナムディン省の一村落(バッコック村)において1993年以来実施されている村落調査の記録を用いて、基礎的なデータベースを構築した注1。本年度では、この基礎データベースに、他の調査記録(ディスクリプションや家屋写真などの画像情報)を紐づけることにより、データベースを拡張し、当該村落調査記録のより一層の体系化をはかる。同時に、このデータベースの共有や公開のあり方を議論しつつ、広く社会に公開可能なオープンなデータ部分と、調査チーム内の共有にとどめるクローズドなデータ部分とを、適宜効率的に出力する技術的な課題の解決をもはかる。
さらに、データベースの拡充に加えて、共同研究者それぞれの分野を生かして、人口変動、家族関係、農村景観、土地利用、生業構造、就労構造の変化などの分析を行うとともに、今後の調査研究(とくに2020年中に実施予定の一集落における悉皆調査)において焦点となる調査項目を再検討する。

研究実績状況

研究成果の概要

公表実績

研究成果公表計画, 今後の展開等

 

あわせて読みたい