純文学と大衆文学における文学空間史とデータベースの構築

代表

工藤 彰(東京工業大学大学院・非常勤講師)

共同研究員

尾城奈緒子(同志社大学大学院文化情報学研究科・博士課程)、河瀬 彰宏(同志社大学 文化情報学部・助教)、金 明哲(同志社大学文化情報学部・教授)、工藤 彰(東京工業大学大学院・非常勤講師)、柳澤 雅之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)

期間

平成30年4月~平成31年3月

目的

文学作品を通じてその時代性や社会性を読み解き人間を理解しようとするに際し、地理情報は重要なキーワードとなる。作品中の地理情報がストーリーのイメージを形成し、登場人物の心象風景を読者に喚起させる重要な情報となっているからである。文学作品に現れる地理情報を実証的に分析するために、現在、デジタル・ヒューマニティーズの領域では、GIS等を援用したDigital Literary Geography(DLG)という研究の動向に注目が集まっている。申請者が2016年度に京都大学地域研究統合情報センターから助成を受けた研究課題では、20世紀における芥川賞受賞作に対してテキストマイニングを実施した。その結果、作家の出身地と作品舞台のあいだに強い関連が存在することや、地理情報の用い方が作家によって偏っていることが明らかとなった。その成果を受けて本研究では、2000年代以降の芥川賞全作品と1935年から現在までの直木賞受賞作品の地理情報データを追加し、純文学だけでなく大衆文学を含めて、文学空間の地理的特徴を実証的に明らかにすることを目的とする。

研究実績状況

研究成果の概要

公表実績

研究成果公表計画,今後の展開等

 

あわせて読みたい