アジアにおける薬用植物資源の広域市場流通と地域社会の資源利用の歴史的相関に関する研究

代表

岡田 雅志(防衛大学校人文社会科学群人間文化学科・准教授)

共同研究員

岡田 雅志(防衛大学校人文社会科学群人間文化学科・准教授)、柳澤 雅之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、辻 大和(横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院・准教授)、石橋 弘之(総合地球環境学研究所・研究員)、小田 なら(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・研究員)、高志 緑(京都大学人文科学研究所・日本学術振興会特別研究員(PD))杉野 好美(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・博士課程)

期間

2020年4月~2021年3月(1年間)

目的

 本研究は、アジアの薬用植物資源がいかに生産・流通・利用されてきたかを歴史的に明らかにしようとするものである。昨年度、申請者は本拠点事業の助成を受け、ベトナムのシナモン、朝鮮の薬用人参、カンボジアのカルダモンについて各地域及び歴史学・人類学(伝統医学)、生態学の学際的専門家による議論を重ね、近世・近代の薬用資源の需要拡大が資源利用に大きな変化をもたらしたことが明らかにした。同時に各薬用植物の性質や地域社会構造、時代背景(特に西欧の薬学・植物学知識の流入)によっても市場動向と資源利用の関係に差異が見られることもわかった。その成果に基づき、本研究においては、次の4点①近世~流通状況②薬用資源情報に関する各地域の認識③生産地域の民俗知④近代的医療・植物学知の影響、についてデータの収集と分析を進め、近世以降のアジアの広域市場の変容と、各地域の薬用植物資源の価値形成・資源利用様式の変化との間の相関を具体的に解明することを目指す。

研究実績状況

研究成果の概要

公表実績

研究成果公表計画, 今後の展開等

 

あわせて読みたい