中央ユーラシアおよび中東ムスリムの家族・ジェンダーをめぐる規範:言説とネットワークの超域的展開

代表

磯貝 真澄(東北大学東北アジア研究センター・助教)

共同研究員

磯貝 真澄(東北大学東北アジア研究センター・助教)、帯谷 知可(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、佐々木 紳(成蹊大学文学部・准教授)、宗野 ふもと(筑波大学人文社会系・研究員)、竹村 和朗(高千穂大学人間科学部・准教授)、和崎 聖日(中部大学人文学部・講師)

期間

2020年4月~2021年3月(1年間)

目的

 旧ソ連圏の中央ユーラシアで、歴史的にイスラームの規範を尊重する定住社会が維持された地域は、ロシアのヴォルガ・ウラル地域(ヴォルガ中下流域、ウラル南麓)、中央アジア南部のオアシス地域、コーカサス地方である。これらの地域の人びとは、イスラーム信仰を公認するロシア帝国の統治の後、宗教に否定的なソ連体制の下で暮らし、ソ連解体後に宗教実践を開始・強化したという共通の集団的経験を有する。彼らは概して、帝政期まではオスマン帝国やエジプトのムスリム社会と国際的な人的・知的ネットワークを有し、そしてソ連解体後に中東とのネットワークを構築したことでも知られる。
 本研究の目的は、中央ユーラシアと中東という2つの地域の間で、ムスリム家族とジェンダーをめぐる規範を語る言説の類似を生じさせた人的・知的ネットワークを、総合的かつ実証的に解明することである。その際、中央ユーラシアを軸とし、帝政末期からソ連初期(19世紀末~1920年代)と、ソ連末期(1980年代)から現在という、体制転換を含み、かつ中東とのネットワークの存在が認められる2つの時期に、焦点を合わせる。

研究実績状況

研究成果の概要

公表実績

研究成果公表計画, 今後の展開等

 

あわせて読みたい