冷戦下における華人の文化表象「空白期」についての比較研究――インドネシア、タイ、フィリピンを中心に

代表

黄 蘊(尚絅大学現代文化学部・准教授)

共同研究員

黄 蘊(尚絅大学現代文化学部・准教授)、舛谷 鋭(立教大学観光学部 交流文化学科・教授)、宮原 暁(大阪大学大学院言語文化研究科・教授)、福岡 まどか(大阪大学大学院人間科学研究科・教授)、松村 智雄(大阪大学大学院言語文化研究科・講師)、山本 博之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、タンシンマンコン パッタジット(早稲田大学社会科学部・助教)

期間

2020年4月~2021年3月(1年間)

目的

 インドネシア、タイ、フィリピンにおいては共通して、過去30年間の間に華人住民に対して同化政策ないし抑圧的な政策が実施されてきた。また、1990年代以後、一部の華人住民の間においてエスニック文化の再生という現象が観察されている。この3ヵ国はいずれも第二次大戦後国民統合の課題を抱え、また「反華人的」ナショナリズム期を経験した。概ね1990年代までは華人住民は様々な政策的な制約ないし抑圧的な扱いを受け、その中で華人のエスニック文化の実践がほぼ空白だったとされている。しかし、実際は内外の文化的なネットワークをたどって華人のエスニック文化の実践が維持され続けていたことも指摘されている。本共同研究は、東南アジア域内の多国間の華人の間の文化的往来・連携に関する考察を行いながら、冷戦期の上記3ヵ国における華人の文化表象のあり方、その実像を究明することによって、この3ヵ国における華人住民のアイデンティティの様相、ホスト社会における華人の位置づけを再考する。それによって、東南アジアにおける華人史の新たな側面を提示する。上記の華人史と華人の文化表象についての考察を通して、それぞれの国の国民統合の歩み、ナショナリズムのあり方を再検討することも本共同研究の射程内にある。

研究実績状況

研究成果の概要

公表実績

研究成果公表計画, 今後の展開等

 

あわせて読みたい