気候応答型居住環境データベースの構築

代表

山田 協太(筑波大学芸術系・准教授)

共同研究員

山田 協太(筑波大学芸術系・准教授)、亀田 尭宙(国立歴史民俗博物館研究部・特任助教)、柳澤 雅之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、包 慕萍(大和大学理工学部・准教授)、甲山 治(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、宇野 朋子(武庫川女子大学建築学部・准教授)

期間

2020年4月~2021年3月(1年間)

目的

 21世紀の人類の主要な課題となっている地球規模の気候変動へ、住まいはどのように対応できるか、を中心的問いとする。その1つの解として、住まい手の生活行為から生まれ、住居を含みつつそれを越える範囲に広がる、人の生活基盤となる居住環境に着目し、その気候適応を住まい手と共に促進するデザインツールとデザイン手法を構築する。第1に、住まい手と研究者の知と技法を統合し協働を促進するツールとして、各地の気候応答型居住環境を体系的かつグローバルに収集した「気候応答型居住環境データベース」を構築する。データベースは、居住環境の現在の気候への適応と、将来の気候変動への対応の2つを支援する。また、地域に形成された知と技法の共有、地域相互の学びあいを支援する。第2に、データベースで得られる知見を用いて気候応答型居住環境デザインを実際に実践し、その有効性を検証すると共に、一連のプロセスを記録し分析することで、データベースをつうじた住まい手と研究者協働の気候応答型居住環境デザイン手法を理論化する。

研究実績状況

研究成果の概要

公表実績

研究成果公表計画, 今後の展開等

 

あわせて読みたい