地域情報学ツールの活用-東ティモールの小規模ダム評価のために

代表

嶋田 奈穂子(総合地球環境学研究所・研究員)

共同研究員

嶋田 奈穂子(総合地球環境学研究所・研究員)、柳澤 雅之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、Eugunio Lemos(NGO Permatil・代表)

期間

2020年4月~2021年3月(1年間)

目的

 2002年に独立した東ティモールは、現在、国民国家建設の最中にある。1975~99年のインドネシアによる暴力的な支配と、その間に実施された安価な食糧援助の中で、東ティモールの自然資源に立脚した食糧生産体制が崩壊し、輸入に依存する体制が構築された。皮肉なことに、この体制は独立前後の国際機関による援助の際も変わることがなかった。現在の東ティモールでは、現地の自然資源を利活用し、持続可能な食糧生産体制を構築することが喫緊の課題となっている。そのためのキーとなるのが水源確保である。相対的な乾燥地にありながらインフラ整備が遅れているため、東ティモールでは国民の主たる水源は湧水である。1975年以降の混乱の中で失われた、湧水に関する在来知の掘り起こしと現代的な利用を検討した昨年度のCIRASの研究課題を通じて、在来知からヒントを得た小規模ダム建設の効果が徐々に得られていることが明らかとなった。しかしその活動は個人の努力に依拠し、ようやく行政との協力が始まったところである。そこで本研究では、在来知にヒントを得た小規模ダム建設を先駆的に実施してきたエグニオ・レモス氏と協力し、これまで東ティモール国内1500か所以上で建設されてきた小規模ダムの効果を、地域情報学ツールを用いて全国的かつ持続的に明らかにすることを目的とする。

研究実績状況

研究成果の概要

公表実績

研究成果公表計画, 今後の展開等

 

あわせて読みたい