東南アジア大陸山地部における長期的生業動態とデータベース化

代表

広田 勲(岐阜大学応用生物科学部・助教)

共同研究員

広田 勲 (岐阜大学応用生物科学部・助教)、柳澤 雅之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、Cahyo Wisnu Rubiyanto(岐阜大学連合農学研究科・大学院博士後期課程)

期間

2020年4月~2021年3月(1年間)

目的

 本研究は、昨年度の継続研究にあたる。先行研究や申請者がこれまで行ってきた研究からは、東南アジア大陸山地部における生業は、自然環境に依存し不安定になりがちなため、農業を中心としつつも林産物採取、家畜飼育、漁労、狩猟等の複合的な活動が組み合わさることで、安定化が図られてきたことがわかっている。一方、昨年度の研究で実施した、約150年前以後を対象にした文献調査から、自然環境や農業に加え、複合的な生業の組み合わせ方も時代によって大きく変化し、一見「伝統的」にみえる生業システムも近年形成されてきた可能性があることがわかってきた。昨年度は、こうした約150年間の変遷に関する概要を把握した。またより期間を限定し、仏領インドシナにおける重要文献であるPavieらの1879年~1895年の探検記録の分析とデータベース化を行い、着実なデータとして蓄積してきた。そこで本年度は、データベース化をさらに進めるとともに、より時代を下った20世紀前半に焦点を当てて文献調査および情報の地図化を試み、本地域の複合生業の長期にわたる変遷を明らかにすることを目的とする。また昨年度一部実施した、実地での古老への聞き取り調査を他地点で実施し文献の情報を補完する。

研究実績状況

研究成果の概要

公表実績

研究成果公表計画, 今後の展開等

 

あわせて読みたい