アジアの薬用植物資源の生産・流通・利用の歴史に関する学際的研究:モノから見るグローカルヒストリー

代表

岡田 雅志(防衛大学校・准教授)

共同研究員

石橋 弘之(総合地球環境学研究所・研究員)、岡田 雅志(防衛大学校人間文化学科・准教授)、小田 なら(千葉大学グローバル関係融合研究センター・特任研究員)、辻 大和(横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院・准教授)、柳澤 雅之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)

期間

2019年4月~2020年3月

目的

本研究は、東南アジア大陸部山地で産出される代表的熱帯植物資源の一つであるシナモンを中心に、アジアの薬用植物資源が、いかに生産・流通・利用されてきたかを歴史的に明らかにしようとするものである。申請者はこれまでの研究で、朱印船貿易を通じて生薬用途における品質において高い評価を受けたベトナム産シナモンが鎖国期を含め近世日本社会に輸入され続けたことが生産地であるベトナム社会に大きな影響を与えた事実を明らかにした。本研究においては、その成果に基づきながら、朝鮮の薬用人参、カンボジアのカルダモンの歴史に関する専門家に加えて人類学(伝統医学)、生態学の専門家を共同研究メンバーに迎え、近世以降のアジアの海域交流と広域市場の変容の中で、薬用植物資源がいかに生産、流通、消費されてきたか、また薬用植物資源を通じて東アジア・東南アジアの各地域社会がいかにつながっていたかを明らかにすることを目指す。

研究実績状況

[2019年度]

研究成果の概要

[2019年度]

公表実績

[2019年度]

研究成果公表計画, 今後の展開等

[2019年度]
 

 

あわせて読みたい