中央ユーラシアのムスリム地域社会における家族と規範:中東との比較分析

代表

磯貝 真澄(京都外国語大学外国語学部・非常勤講師)
 

共同研究員

磯貝 真澄(京都外国語大学外国語学部・非常勤講師)、帯谷 知可(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)、宗野 ふもと(筑波大学人文社会系・研究員)、竹村 和朗(高千穂大学人間科学部・准教授)、和崎 聖日(中部大学人文学部・講師)

期間

2019年4月~2020年3月

目的

中央ユーラシアの定住地域、すなわちロシアのヴォルガ・ウラル地域(ヴォルガ中下流域、ウラル南麓)と、中央アジアのオアシス地域(ウズベキスタン)の人びとはいずれも、イスラームの規範を尊重する共同体生活を営み、ロシアによって統治され、さらに宗教に否定的なソ連体制のもと生きるという歴史的経験を持つ。本研究の目的は、これらのムスリム地域社会における、19世紀末から現代までの家族をめぐる法規範と道徳的規範意識を総合的に解明し、その全体像を示すことである。その際、中東(特にエジプト)の事例と比較することで、ロシア・ソ連の影響を浮き彫りにし、これらの地域社会の特徴を明らかにする。
19世紀末からソ連初期については、イスラーム家族法の運用実態と、イスラームに由来する家族道徳意識を解明する。ソ連期については、ソ連的規範意識を背景に既婚女性の賃労働が一般化した1960~80年代に焦点を絞り、家族をめぐる規範意識を解明する。そして、1991年前後のソ連解体期以降、イスラーム信仰が肯定される状況で、家族やジェンダーをめぐる規範意識にみられる変化のディテールを明らかにする。

研究実績状況

[2019年度]

研究成果の概要

[2019年度]

公表実績

[2019年度]

研究成果公表計画, 今後の展開等

[2019年度]
 

 

あわせて読みたい