ポストスハルト期におけるインドネシア華人の文化とアイデンティティー―ネットワークの観点からの考察

代表

黄 蘊(尚絅大学現代文化学部・准教授)

共同研究員

黄 蘊(尚絅大学現代文化学部・准教授)、舛谷 鋭(立教大学観光学部 交流文化学科・教授)、相沢 伸広(九州大学大学院地球社会統合科学府・准教授)、福岡 まどか(大阪大学人間科学研究科・教授)、松村 智雄(大阪大学言語文化研究科・講師)、山本 博之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)

期間

2019年4月~2020年3月

目的

ポストスハルト期のインドネシアにおいて華人文化の表象、実践にかかわる解禁政策に伴い、各地の華人コミュニティにおいて積極的に「自文化」を取り戻し、それを再生させるといった動きがみられる。しかし、30年あまりの同化政策が行われてきた中で、「華人」としての意識がたちまち高まり、エスニック文化の再興もいきなり実現されるものなのだろうか。現在の華人文化の再生には、あまり目立たないかたちでの何かの伏線が敷かれていないだろうか。本研究は、インドネシア華人とマレーシア、シンガポール、香港、中国本土などの地域の華人との歴史的交流、ネットワークの構築という観点から、ポストスハルト期におけるインドネシア華人の文化再生の実像を明らかにしていきたい。

研究実績状況

[2019年度]

研究成果の概要

[2019年度]

公表実績

[2019年度]

研究成果公表計画, 今後の展開等

[2019年度]
 

 

あわせて読みたい