戦後復興プロセスの共有化  -沖縄と東ティモールの水源確保の在来知に関する認識、保存、活用について-

代表

嶋田 奈穂子(地球環境総合研究所・研究員)

共同研究員

阿部 健一(総合地球環境学研究所・教授)、卯田 卓矢(名桜大学国際学群・准教授)、エグニオ・レモス(NGO Permatil・代表)、嶋田 奈穂子(地球環境総合研究所・研究員)
、柳澤 雅之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)

期間

2019年4月~2020年3月

目的

2002年の独立に至るまでの紛争は、東ティモールの国土と人々の生活に有形無形にかかわらず壊滅的な打撃を与えた。さらに独立後の急激な生活環境の変化で、伝統文化は消えつつある。具体的には水源確保の技術やシステムといった「在来知」の消失であり、その結果、従来は通年で水を供給していた水源の枯渇など、水不足が深刻化している。
同様に熱帯・亜熱帯の島特有の水不足を課題とするのが、沖縄である。戦中戦後の打撃と混乱を経験している点でも、東ティモールと沖縄は極めて近い歴史的背景をもっている。しかし沖縄は、特に水源確保に関してはすでに戦後復興を果たしたといえる。一時はダム建設など大規模水源確保を進めたが、それに依存しすぎた結果再び水不足を経験し、多様な水源確保の必要性を認識した。同時に御嶽や拝所という形で水源を聖地化し保全する伝統知の重要性を改めて認識した。 一方、東ティモールにおいても小規模で多様な水源確保は急務である。協働研究者のエゴ・レモス氏は独立以前から国内の村を回って小規模水源の必要性を説き、今では複数の村で水源涵養のための浸透堰の設置と植林が行われているが、この取り組みと地域文化・在来知とのつながりが見えにくいことなどから、村人の自主的な継続性が担保されていないことが課題となっている。
以上のことから、本研究は水源に関する沖縄の復興プロセスを明らかにし、東ティモールと共有することで、東ティモールの在来知を活用した多様な水源確保に向けた理論を構築することを目的としている。

研究実績状況

[2019年度]

研究成果の概要

[2019年度]

公表実績

[2019年度]

研究成果公表計画, 今後の展開等

[2019年度]
 

 

あわせて読みたい