グローバル化・都市化時代のベトナム農村研究手法の再構築

代表

藤倉 哲郎(愛知県立大学外国語学部国際関係学科・准教授)

共同研究員

小川 有子(東京理科大学理工学部・非常勤講師)、澁谷 由紀(東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門・特任研究員)、藤倉 哲郎(愛知県立大学外国語国際関係学科・准教授)、古橋 牧子(京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科・特別研究員)、柳澤 雅之(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)

期間

2019年4月~2020年3月

目的

2000年代後半以降のベトナム地方経済の急速な発展は、村外の非農業就労機会や都市・外国の消費市場と農村との結びつきをさらに強め、農村自体の都市化さえ進行させている。これに対して、近年のベトナム農村研究は、「農村がますます農村ではなくなってきている」現状を前にして、明確な学術的視点や枠組みを提供できずにいる。そこで本研究では、社会経済に変化をもたらす要素がますます複雑化し、また狭い範囲内でも多様化増す農村を対象とした研究について、おもに農学・歴史学・経済学・社会学の視点から論点整理をおこない、研究視点の構築を試みる。
具体的には、過去数年で蓄積されている紅河デルタ(おもにナムディン省)およびメコンデルタ(おもにティエンザン省)の長期村落調査データのデータベースを構築し、農村形成史や農業・農村開発史といった中長期的視点と、生業の多様化と所得格差および家族構造の変化といった短期的視点から、現在のベトナムの農村社会経済変容を長期の歴史のなかで把握するための視点や取りうる研究手法を構築することを試みる。

研究実績状況

[2019年度]

研究成果の概要

[2019年度]

公表実績

[2019年度]

研究成果公表計画, 今後の展開等

[2019年度]
 

 

あわせて読みたい